ITCLについて

ITCL(International Theatre Company London)はフィジカルシアターというユニークなグロトフスキー・メソッドで鍛錬した演劇人によって1980年に結成されました。

元々 は The New Theatre(TNT)「新劇場」という名称でした。その後プロデューサーGrantly Marshall率いるADG Europe(www.adg-europe.com)がパートナーとなり、ヨーロッパではADG Europeという名称で、日本ではInternational Theatre Company London(ITCL)という名称にて公演を継続しています。

ADG Europeは、毎年、複数の作品を複数の役者グループによってツアーを組織しています。ツアー作品毎にオーディションにより選ばれた尖鋭の役者達が、何カ国もの国々でツアー公演を行う世界でも唯一の劇団です。

2014 年公演作品「ロミオとジュリエット」は、ドイツ、オーストリア、スイス、オランダ、フランス、スエーデン、デンマーク、ノルウェー、ルクセン ブルグ、アイルランド、イスラエル、ガーンジー島、ジャージー島、マン島、シンガポール、中国、日本の計17カ国(注:英国王室属領を1カ国としてカウン ト)で、9ヶ月間におよび世界ツアー公演が行われました。

日本では、WIZARD OF JAZZ『ジャズの魔法使い』で1992年初来日しました。WIZARD OF JAZZ『ジャズの魔法使い』は、1990年ミュンヘンビエンナレー演劇祭で最優秀創作戯曲としてイーヴニングスター賞 (“AZ Star”)に輝く作品で、ロシアの演出家メイエルホルドの信条であり又ITCLの基調音でもある”Tragedy with A Smile on Its Lips”「微笑をたたえた悲劇」を色濃く反映した作品が、日本でも好評となりました。 94年にはディケンズの『オリバー・トゥイスト』が銀座マリオン劇場で上演され、原作400頁が 「簡潔で、飽きさせず、生き生きとした作品に纏められている。」とJapan Times で評されました。

同時期に複数の演目がADG Europeの海外公演ツアーとして上演されていますが、日本では、シェイクスピア、ディケンズ、ワイルドなどの古典長編作品を中心とした公演が20年以 上続けられています。国内の教育機関での主催公演を軸に、東京、関西、仙台での一般公演を行っています。


  • 2015年5月 ITCLの最新作、シェイクスピア作「ヴェニスの商人」詳細はこちら
  • 過去の上演作品詳細はこちら
  • 過去の公演主催者はこちら